DIGEST MOVIE

震災後、2013年に東京の代々木公園でスタートした「福島フェス」というイベントがある。2014年に会場を港区六本木ヒルズアリーナに移し、現在も続くこのフェスをつくっているのが福島フェス実行委員会。今回は実行委員の藤原カズヒロさんに「なぜ東京で福島のフェスをやるのか?」というお話を伺うノグチくんとバンダイさん。福島という単語がこんなにも登場するのか!というシリーズ最終回。

福島フェスとは?

ノグチ
バンダイはさ、バンダイって苗字でよかったと思ってる?
バンダイ
え?生まれたときからこの苗字だから他を考えたことないよ。でも「さん」をつけて呼ばれるとちょっと嬉しい。
ノグチ
なんだ?会津磐梯山みたいな気分ってことか?磐梯山と違ってお前には雄大さとか感じないけどな。だからモテないんだよ。
バンダイ
ほんと嫌なことを平気で言うよね。磐梯山はモテるってこと?
ノグチ
おいおい、お前はこの取材を続けてきて何を学んだ?ちょっとRethinkしてみろ。すぐ近くに綺麗な彼女がいるだろ。イナワ シロ子ちゃんがさ。ほんと綺麗だよなぁ。
バンダイ
イナワシロ子?……猪苗代湖!!
ノグチ
♪リシンクリシンク リッシンク!
バンダイ
……いや、それRethinkじゃなくてダジャレというか、へ理屈というか。だいたい、猪苗代湖は磐梯山の噴火から生まれた湖だから。彼女というより親子っていうのが正解じゃない?
ノグチ
俺のヒラメキへの嫉妬か?悔しかったらお前もRethinkしてみろ。ほらバンダイの番だい!ってな。はいっ!♪リシンクリシンク リッシンク!
バンダイ
なんだろう、冴えてるのかもしれないけどまったく羨ましくない。それどころか噴火できるなら噴火したい気持ちになってきた。
ノグチ
うわ!「ノグチひでーよ」って顔すんなって!♪リッシンク!
バンダイ
ノグチくん、Rethinkを完全に履き違えてるね。
藤原
お待たせしました、藤原カズヒロです。
ノグチ
わっ、藤原さん!お会いしたかったんです。初めまして、憧れの苗字は「藤原」のノグチです。
バンダイ
(そうなんだ……。藤原さんに会えるのを楽しみにしてたみたいだからな。ノグチくん、それでいつも以上におかしいテンションなのかな。)
藤原
嬉しいこと言ってくれるじゃない!苗字変える?

福島ではテレビラジオでも活躍する藤原さん。軽い、けど、濃いタイプ??

ノグチ
え?僕も仲間になれるんですか?
藤原
よし、早速乾杯しよう。日本酒好きでしょ?
バンダイ
ちょっと待った!お酒はまだ早いです!
藤原
え、早い?2人ともまだ中学生とか?
バンダイ
そうじゃなくて、今からお話を伺うので。
藤原
え、大人なのに呑まないの?ますますびっくり。
バンダイ
(……インタビューする人を間違えた気がする。)
ノグチ
藤原さん、六本木の福島フェスでステージMCされてた時も日本酒飲んでましたよね?僕見に行ってたんです!かっこよかったなぁ。
藤原
近い、距離が近いよ未来の藤原くん。そうか見ててくれたのか。確かに結構飲みながらしゃべってたかもしれない。
バンダイ
あのー、仕事しながらお酒飲んじゃうんですか?その福島フェスってどんなフェスなんです?
藤原
遠い、目が遠いよバンダイさん。そんな目で見ないで。福島フェスはね、近年ずっと東京都港区にある六本木ヒルズアリーナって場所でやってるんだけど、土日の2日間で東京のど真ん中に福島を出現させちゃおう、東京に福島を丸ごと持ってきちゃおうっていうフェスなんだよ。

昼から一日中楽しむ方も多い。夜にはこの通りの人、人、人!

バンダイ
なぜ六本木なんですか?
藤原
六本木って国際的な街だから、外国の方も多いでしょ。単純に人が集まる場所でもあるし。「偶然通りかかったんですけど、楽しいから夜までいちゃいました」というお客さんもいたよ。発信力のある場所という意味で、六本木でやるようになりました。

「Wow! Akabeco!!」

「Aka..beco?」外国の方も多くいらっしゃいます。

ノグチ
もう何回目ですか?
藤原
去年はコロナの影響で開催を見送ったけど、六本木ではもう6回やってるかな。
バンダイ
いわゆる物産展とは違うんですか?
藤原
もちろんそういう側面もあるよ。福島から出店してくれる方が毎年いるし。ただ、普通の物産展ではありえないようなステージ、あとは福島の伝統ともコラボしようとお祭りを丸ごと持ってきたりもしてるから、物産展というよりはやっぱりここでしか見られない「フェス」だと思ってる。

福島の美味しさを届ける出店者の方々がいたり

福島の名所を紹介したり

毎年伝統のお祭りともコラボしたり。上の3つは順に相馬野馬追、二本松の提灯祭り、会津田島祇園祭。

ノグチ
僕が行ったときは、東京スカパラダイスオーケストラが出てました。楽しかったなぁ。
バンダイ
入場無料でこんな規模のフェスってできるんですね?
藤原
そういうとこ気になっちゃう?大きな声では言えないけど、そりゃ毎年厳しいよ。厳しいどころかっ!
バンダイ
急に小声と思ったら、最後大声になっちゃってますよ!
ノグチ
でも、続けてるわけですよね?
藤原
意味のあるフェスをやってる、とみんな思ってるからね。
ノグチ
みんな、というのは実行委員会のみんな?
藤原
そう。このフェスの実行委員はほとんどが福島高校という高校の同級生なんだよ。その中には東京で仕事をしている人もいて、震災後に福島をなんとかしたいって思って始まったんだ。僕らの時代は男子校で学年あたり500人もいたから、その中にはデザインとかイベント制作とか手掛ける人もいたりしてね。

それぞれの得意分野を持ち寄る福島フェス実行委員会のメンバー。東京出身なのに福島を愛しすぎて参加する女性も。

バンダイ
やっぱり震災がきっかけなんですね。
藤原
直接はそうなんだけど、ある程度大人になって話すとさ「福島をもっとアピールしたい」とかみんな考えるようになったからだと思う。なんかしたいって。
ノグチ
郷土愛!
藤原
いや、もっと軽いノリで「面白いことしたい」が先かなあ。そのノリでやってみたら大変すぎて「こんなに厳しいとは……あれ?これ、涙だっ!」って。
ノグチ
また最後大声になっちゃいましたね。
藤原
でも、楽しんでるのは本当だよ。東京のど真ん中に福島の人がこんなに集まって盛り上がることなんて、なかなかないもの。そしてそれを楽しんでくれる人が毎年増えてるわけだし。実行委員には、福島県出身じゃないけど福島を好きになりすぎて参加してるメンバーもいるけど、もしかしたら俺より楽しんでるかも。それってとても嬉しいよね。
バンダイ
すみません。
藤原
え?
バンダイ
僕、最初に藤原さんを見て「この人大丈夫かな」と思ってしまって。見た目とは違って、しっかりした方なんだな、と反省してます。
藤原
ちょっと、今シッカリ藤原が顔出しちゃってた?本当は、もっとダメでいたいんだけどさ。俺があんまり酷いと、同級生みんなダメな人だと思われちゃうでしょ、同じ高校だし。それより、乾杯しようか!
バンダイ
(……反省しなくてよかった気がする。)

進化する福島フェス

ノグチ
福島フェスって回を重ねて豪華になってますよね?
藤原
そうだね。ある年に福島県いわき市出身のミュージシャン、ASA-CHANGが来てくれたんだけど、もっとこういうステージができるんじゃないか?って、福島にゆかりのあるミュージシャンを集めて「福島フェス・オールスターズ」ってバンドを組んでくれて。

福島フェス・オールスターズのみなさん。歌の伴奏はもちろん、気の利いたBGMまで生演奏!とっさのハプニングにも音で対応するすごい人たち!

ノグチ
バンドが生演奏でオープニングファンファーレとか!表彰式のBGMとか!すごい贅沢なことやってますよね?
藤原
じゃんけん大会とかもね。来てくれたお客さんがバンドの音でじゃんけんするんだけど、賞品がもらえるから異様に盛り上がるやつ。ステージ上の俺とじゃんけんするから、この右手が神の手になる瞬間(笑)。

見よ、これが大人たちの本気じゃんけん!そして神の、みぎ、、藤原さん?左手出してるみたいですけど。

バンダイ
TOKIOの城島リーダーがじゃんけんしてた年もありましたよね?
藤原
普段は「福島じゃんけん」って言ってるのを「城島じゃんけん」に変えてバンドの音でじゃんけん大会。あれには感動すらしたよ。なんだこれ?って思いながら(笑)。
ノグチ
だんだんと仲間が増えていってる感じですか?
藤原
増えてきたと思う。ステージ関連だけでなく、出店者の皆さん、協賛企業の皆さんには本当に感謝してます。最初は、というか今でもそうなんだけど、実行委員の個人的なつながりから無茶なオファーをしてさ、ミュージシャンの方もそれに応えてくれて。ほんとありがたいよね。福島から持ってくるお祭りも「あの祭りなら運営に同級生がいた気がするな」とかね、そういう繋がりからだったり。地元を出たことがないお祭りを六本木に持ってきて、東京にいるその町の出身者が集まってきて、その光景を見て感動で泣くとか。
バンダイ
あぁ、福島からフェスに出る人たちがやってくるだけじゃなく、それを見ようと福島出身者が集まる場にもなっているのか。
藤原
当日の福島人口比率は相当だと思うよ。福島フェスの会場で集まってそのままの流れで同窓会をやる人たちも多いみたい。あとは福島フェスきっかけで知り合ったお客さん同士が「来年も!」って集まったり。もう自分たちの想像を超えたスケールになってきて、簡単にはやめられなくなってるね。
ノグチ
泣きながらでもやる?
藤原
やるしかないでしょう!……って言うしかないでしょう!(笑)おかげさまで以前ではできないようなことができるようになってきたし、人の繋がりが広がってるのを感じるよ。

『東京スカパラダイスオーケストラ』のカッコいい音が!

『原田直之』さんの民謡が!

『RAG FAIR』のアカペラが!

『Salyu』さんと『福島フェス・オールスターズ』の演奏が流れるとなれば……

そりゃ出店者のみなさんも楽しんで、ペンライトかのように福島の酒瓶を揺らしちゃうよね〜!

バンダイ
これからも進化しそうですね。
藤原
2021年もコロナの影響があるけど、この状況ならこう楽しもうって方法を考えてやるつもりだよ。
ノグチ
え?開催決定してるんですか?
藤原
5月の22日、23日(土日)の二日間、また六本木ヒルズアリーナに福島がやってきます。福島フェス2021にぜひ来てください。
ノグチ
やった!大発表じゃないですか!さらっと流れで言っちゃいましたけど、発表してよかったんですよね?
藤原
ん?さらっと?俺の頭の中では福島フェス・オールスターズのファンファーレが鳴り響いてたよ。
ノグチ
かっこいい~!
バンダイ
(藤原さん、すごいキメ顔してる。かっこいいかは別として。)

目的地は福島

バンダイ
福島に関する他のイベントもたくさんあると思うんですけど、それと比べて何か違いを感じますか?
藤原
福島フェスって、同じ高校の仲間が大人になった始めた文化祭なんだと思う。
バンダイ
大人の文化祭?
藤原
行政には行政だからやれること、企業なら企業だからやれることがあると思うんだ。その中で、この福島フェスは同級生だからやれることをやっていると思う。だからちゃんとした大人はやらない悪ふざけもやっちゃうし、そういうの大好き。
ノグチ
確か日本酒の似合う女性を探そうって「ミスおちょ娘(こ)」というタイトルでコンテストみたいなことやってましたよね?
藤原
ほらね。ちゃんとしたところが主催したら、こんなふざけたタイトルでできないでしょ。いや、我々もちゃんとしてて、その上でふざけてるんだけどさ。
バンダイ
今、他の実行委員の顔が浮かびましたね?
藤原
「ミスおちょ娘」の最中に「ミスター徳利もやる?」とか裏で話してた記憶があるよ。
ノグチ
みんな遊んでますねぇ。
藤原
やるなら我々らしく楽しいものをつくりたいよね。
バンダイ
段々と進化する、楽しいフェスなのはわかったんですけど、このフェスのゴールってどう考えてるんですか?福島県を知って欲しいってのはわかるんですが、もっと具体的な、こうなったら成功だって思えるような。
藤原
何年かやってそれをみんなで考えた結果、ゴールはフェスのお客さんに、実際に福島に足を運んでもらうことだなって。
バンダイ
福島に来てください、と。
藤原
震災後、福島に関する情報って日本中にたくさん広がったでしょ。それはポジティブなものとネガティブなもの両方。福島フェスをきっかけに、行ってみたい、行ってみようと思ってもらって、その目で見てもらいたい。食も現地で味わってもらいたい。だから温泉宿の宿泊券が当たるキャンペーンを企画したりね。
ノグチ
なるほど。
藤原
福島に行きたくなるような楽しい部分をまだまだ伝えたい。ちょっと変なところも知って欲しい。ちょっとじゃないかもしれないな(笑)。「福島にゆかりがなくてもこのフェスに来た人はもう福島の人です」ってステージ上からも言ってるんだけど、福島に来てもらった時にフェスで出会ったお店の人と再会したり、新しい出会いが生まれたり。そういうのいいじゃない?それを増やすために続けたいと思ってる。あ、あくまで悪ふざけできる雰囲気でね。だからさ……。
ノグチ
だから?
バンダイ
(あれ?さっきのキメ顔になったけど?これは……)
藤原
福島フェスの本当のフィナーレは、2日目の夜の六本木じゃなくて、
ノグチ
なくて?
藤原
福島にあるんだよ。
ノグチ
あ、それ福島フェスのステージでも聞きました。
藤原
…え?いや〜ノグチくん記憶力いいね。憧れの苗字なんだっけ?
ノグチ
すみません、それは忘れました。
藤原
おお、そうか〜。よし、お酒飲んでもっと忘れよっか。
バンダイ
(やっぱりこっちの表情のほうがしっくりくるわ。)

今度は……

福島で会おうね。

福島フェス実行委員会のRethinkポイント

Rethink Point

「福島から東京へ発信する」→「東京に福島をつくって発信する」

「自分たちだからつくれるものを続ける」

そのほかの 福島のRethinkな人たち

  • ~福島フェス実行委員 藤原カズヒロさん~

    「福島から東京へ発信する」→「東京に福島をつくって発信する」

    「自分たちだからつくれるものを続ける」

    東京に福島を持ってくる

    震災後、2013年に東京の代々木公園でスタートした「福島フェス」というイベントがある。2014年に会場を港区六本木ヒルズアリーナに移し、現在も続くこのフェスをつくっているのが福島フェス実行委員会。今回は実行委員の藤原カズヒロさんに「なぜ東京で福島のフェスをやるのか?」というお話を伺うノグチくんとバンダイさん。福島という単語がこんなにも登場するのか!というシリーズ最終回。

    MORE
  • ~ミュージシャン 大友良英さん~

    視点変えポイント「わらじまつりをどうしたいか」→「福島をどうしたいか」

    本質ポイント「祭りは自ら街を伝える舞台」

    誇りある21世紀の祭りを福島に

    ノイズミュージックからジャズ、ポップス、映画音楽、そして近年ではNHKの朝ドラ「あまちゃん」や大河ドラマ「いだてん」の音楽でも知られる大友良英さんは、横浜市生まれのミュージシャン。10代を福島市で過ごした大友さんは、震災後に福島市の「わらじまつり」改革に取り組みました。祭りとそこにある音楽をRethinkした大友さんにノグチくんとバンダイさんがお話を伺いました!

    MORE
  • ~ミュージシャン 渡辺俊美さん~

    「直接の手助け」→「自立の場をつくる」

    「HelpでなくMakeで生まれる未来」

    HelpでなくMakeするステージを

    TOKYO NO.1 SOUL SETや渡辺俊美&THE ZOOT16、猪苗代湖ズでも活躍する渡辺俊美さんは福島県川内村出身のミュージシャン。震災後、現地でのさまざまな活動からふるさとをどう見つめ、どうRethinkしてきたのか。ノグチくんとバンダイさんが俊美さんの思いを伺ってきました。

    MORE
ページトップ