福島フェス 2019

福島フェス 2019

TRADITIONAL

【白河だるま】

『白河だるま』は約300年前からお客様一人ひとりを大切にし、地元の方々に愛され続けてきました。また、 幸運の象徴とされている「鶴亀松竹梅」が顔の中に描写されているのが最大の特徴であり、そのデザイン はかの有名な絵師「谷文晁」が行ったとされていえる。また、願いごとをする際はまず、だるまの左目に目を 入れ、成就したら右目を入れるという風習がある。

福島フェス2019では、会場装飾として『白河だるま』とコラボいたします!

【いわき回転やぐら盆踊り大会】

日本の夏の風物詩、盆踊り。福島県いわき市には、いわき回転やぐらという日本で唯一の光り輝きながらゆっくりと回る大きな盆踊りやぐらがあります。
いわき回転やぐら盆踊り大会は1952年から続くいわき市内郷の伝統行事です。
まだ炭鉱が地域の一大産業だった1952年、炭坑事故で亡くなった人達の慰霊のために始まりました。当初は力自慢の炭坑夫らが中心になって人力で櫓を回していました。1959年からは人力式から電動式に変わりました。
最近では東日本大震災で亡くなった方々の供養のため、また、ふるさとを離れてお盆に帰省してくる家族や友人が集う行事として、毎年8月13日、14日、15日の3日間開催されています。

いわき市は東日本大震災の際に日本全国の方々、世界の方々にとても大きなご支援、応援をいただきました。
おかげさまで元気になったいわきを見ていただき皆様にお礼を申し上げたい為、いわき回転やぐら盆踊りがいわき市を飛び出しました。

11月16日の福島フェス2019 ステージでは、実際に毎年回転やぐらの上でフル生演奏をしているお囃子会のメンバーの生演奏と、盆踊りの振り付けを監修していただいた花柳流 花柳貴代人先生の踊りをお楽しみいただけます。ご来場の皆様もぜひいわき回転やぐらの盆踊りを踊ってみてください。

[例年の開催概要]
開催日時:毎年8月13日~15日
前夜祭:13日13:00~21:00
盆踊り:14日・15日17:00~21:00
開催場所:JR内郷駅前広場(福島県いわき市内郷綴町榎下63)
主催:いわき回転櫓盆踊り実行委員会

[東京からのアクセス]
・鉄道をご利用の場合
JR常磐線 内郷駅から徒歩すぐ

・マイカーをご利用の場合
常磐自動車道 いわき中央ICから約15分

・高速バスをご利用の場合
東京駅~いわき駅
いわき駅~タクシーで15分

[問い合わせ先]
〒973-8403 福島県いわき市内郷綴町榎下17 内郷商工会内
いわき回転櫓盆踊り実行委員会
TEL:0246-27-1256
Mail:inf@iwaki-kaiten-yagura.com
URL:https://www.iwaki-kaiten-yagura.com

赤べこ