福島フェス 2017

福島フェス 2017

STAGE
タイムテーブル発表!

ARTIST

10.14 SAT

RAG FAIR

RAG FAIR

5人組アカペラボーカルバンド。(リーダーの引地洋輔は福島県出身)
1999年結成、2001年メジャーデビュー。
2002年リリースのシングル「恋のマイレージ」「She サイドストーリー」でオリコン初登場1位、2位を獲得。同年NHK紅白歌合戦出場。
アカペラを使ってエンターテイメントショーを作ることを得意とし、2016年はカバー曲のみで構成されるステージ「ヒッヒッフー」とオリジナル曲だけでの「LIVE」公演を開催した。同時に最新曲を「ヒッヒッフー&LIVEサウンドトラック」としてリリースしている。

RAG FAIRオフィシャルサイト
http://www.ragfair.jp

facebook
https://www.facebook.com/RAG-FAIRinfo-1376166192630196/

twitter
https://twitter.com/we_music2

エハラマサヒロ

エハラマサヒロ

福島フェス・オールスターズ
(Special House Band)

福島フェス・オールスターズ
(Special House Band)

・ASA-CHANG(BANDMASTER/PERCUSSION)
・木暮晋也(GUITAR)
・佐久間亮(DRUMS)
・岩川峰人(BASS)
・Fuming(PIANO)
・上野まこと(SAX)
・田澤麻美(TRUMPET)

DJ MARCY

DJ MARCY

福島市のレコードショップ「Little Bird」主宰。
93年よりDJ活動開始。
長年の現場経験で培われた新旧幅広い選曲とスキルを駆使し独自の空間を演出。
豊富な知識に裏打ちされたそのグルーヴ感溢れるプレイスタイルは素人や玄人の枠を問わず大きな支持を集めている。
近年では『フジロックフェスティバル 2015』『モントルージャズフェスティバル ジャパン2016』出演をはじめ、オークランド、バークレー、サンフランシスコ等、ベイエリア周辺でのDJツアーを行うなど国内外を問わずアクティブに活動中。

2005年には福島市内にレコードショップ「Little Bird」をオープン。
レコードコンサート、Dommune放送、USEN放送、音楽ガイドブック、ライナーノーツ執筆、音源再発等のプロジェクトにも参加。長年のDJ、コレクター感覚で選盤された店舗でのセレクトラインは国内外のトップアーティスト、トラックメーカー、筋金入りDIGGERらをも唸らせ信頼も厚い。

10.15 SUN

東京スカパラダイスオーケストラ

東京スカパラダイスオーケストラ

ジャマイカ生まれのスカという音楽を、自ら演奏する楽曲は"トーキョースカ"と称して独自のジャンルを築き上げ、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、南米と世界を股にかけ活躍する大所帯スカバンド。

アメリカ最大のフェスティバル”Coachella Music Festival”では日本人バンド初となるメインステージの出演を果たし、またSKAのオリジネイター “SKATALITES”から全米ツアーへの同行を誘われ、さらにマトゥンビのリーダー、DUBエンジニアの巨人“DENNIS BOVELL”に「スカパラの為ならいつでもスケジュールを空ける」とまで言わしめた東京スカパラダイスオーケストラは、オーセンティックなSKAからジャズ、ロックまでをも提示できるミュージカル・パフォーマンスで世界中のSKAバンドの中でも特筆すべき存在であり、海外のアーティスト・音楽関係者も来日の際にはスカパラの音源を手に入れるためレコード店に足を運ぶなど、世界中のSKA愛好家達にとってその名は憧れの対象であり続けている。1989年インディーズデビュー。幾度となるメンバーチェンジを乗り越え、現在のメンバーは合計9人。今なお常に最前線で走り続けている。

Member:
NARGO(trumpet)、Masahiko Kitahara(trombone)、GAMO(tenor sax)、Atsushi Yanaka(baritone sax)、Takashi Kato(guitar)、Tsuyoshi Kawakami (bass)、Yuichi Oki (keyboards)、Hajime Omori (percussion)、Kin-ichi Mmotegi (drums)。

http://www.tokyoska.net

原田直之(民謡歌手:福島県出身)

原田直之(民謡歌手:福島県出身)

昭和17年 福島県相馬地方の浪江町に生まれ育つ。
昭和35年 第14回NHKのど自慢全国コンクール民謡の部、福島県代表となる。
昭和36年 仙台に赴き、我妻桃也の門を叩いて内弟予となり民謡修行の第一歩を踏み出す。
昭和38年 上京し、池袋白雲閣芸能部に所属する。
昭和39年 ポリドールレコードより「長持唄」でレコード界にデビュー。
木田林松栄(初代)、藤本琇丈の薫陶を受け益々芸を磨く。
昭和40年 キングレコードにも吹き込みを始め、作曲家白百十四男に師事し、歌謡曲を研鑚する。
昭和41年 民謡原田会を結成する。
昭和43年 キングレコード専属になり、日本を代表する民謡歌手への道を歩み始める。
昭和53年 NHKテレビ夜の指定席「民謡をあなたに」にレギュラー出演し広く親しまれる。
昭和55年 日劇でのオン・ステージ。
ロスアンゼルス公演(トム・ブラットレー市長より)「市の鍵」を贈られる。
民音公演(S55~S57)「原田直之民謡のこころを謳う」全国縦断(150ヵ所余り)コンサートが実施され好評を博す。
昭和56年 第2回松尾芸能賞・歌謡芸能部門で、「歌謡芸能賞優秀賞」受賞。

昭和55年~ 原田直之民謡生活20周年を契機に日本のミュージカルに挑戦。
「みちのくシリーズ」として東北6県の物語を公演。

① 昭和55年第1作 「津軽・三味の譜」
② 昭和58年第2作 「相馬・駒の譜」
③ 平成 元年第3作 「最上・紅の譜」
④ 平成 2 年第4作 「陸前・波の譜」
⑤ 平成 3年第5作 「秋田・杜氏の譜」
⑥ 平成 5年第6作 「遠野・童子の譜」
歌手はもちろん演技力も身につける。

昭和60年 コロムビアレコードに移籍、数々の民謡
歌謡曲等を吹き込み益々芸の幅を広げ活躍中。
平成 7 年 「じゃがいもの会」メンバーとして阪神大震災へ慰問。
「じゃがいもの会チャリティーショー」に第2回目(昭和61年)より参加。
平成 2 年 「全国ご町内音頭」50万枚ヒット日本コロムビアゴールデン・デスク賞~プラチナ賞受賞。
平成8 年 「難民を助ける会」より、じゃがいもの会メンバーとしてカンボジアヘ「じゃがいもの会スクール開校」のためテープカット及びコンサートを行う。
平成15年 10月 45周年記念リサイタル「原田直之歌の世界」を中野サンプラザホールにて開催する。
平成17年  5月 社団法人日本歌手協会理事長に就任する。
平成18年  2月 民謡原田会創立40周年記念パーティを椿山荘にて行う。
平成19年  9月 浪江町に「民謡歌手 原田直之生誕の碑」建立される。

福島フェス・オールスターズ
(Special House Band)

福島フェス・オールスターズ
(Special House Band)

・ASA-CHANG(BANDMASTER/PERCUSSION)
・木暮晋也(GUITAR)
・佐久間亮(DRUMS)
・岩川峰人(BASS)
・Fuming(PIANO)
・上野まこと(SAX)
・田澤麻美(TRUMPET)

DJ MARCY

DJ MARCY

福島市のレコードショップ「Little Bird」主宰。
93年よりDJ活動開始。
長年の現場経験で培われた新旧幅広い選曲とスキルを駆使し独自の空間を演出。
豊富な知識に裏打ちされたそのグルーヴ感溢れるプレイスタイルは素人や玄人の枠を問わず大きな支持を集めている。
近年では『フジロックフェスティバル 2015』『モントルージャズフェスティバル ジャパン2016』出演をはじめ、オークランド、バークレー、サンフランシスコ等、ベイエリア周辺でのDJツアーを行うなど国内外を問わずアクティブに活動中。

2005年には福島市内にレコードショップ「Little Bird」をオープン。
レコードコンサート、Dommune放送、USEN放送、音楽ガイドブック、ライナーノーツ執筆、音源再発等のプロジェクトにも参加。長年のDJ、コレクター感覚で選盤された店舗でのセレクトラインは国内外のトップアーティスト、トラックメーカー、筋金入りDIGGERらをも唸らせ信頼も厚い。

TRADITIONAL PERFORMANCE TRADITIONAL PERFORMANCE

ふくしまわらじ祭り / わらじ踊り

ふくしまわらじ祭り / わらじ踊り

福島わらじまつり
http://www.fmcnet.co.jp/waraji/

TIME TABLE

赤べこ