福島フェス 2018

福島フェス 2018

FOOD&MARKETS

SHOP INFO

福島県全域

ふくしまみらいチャレンジプロジェクト

避難指示対象である福島県被災12市町村の事業者を対象とした販路開拓を中心に事業者の自立化を目指し、サポートを行うプロジェクトです

[福の小みやげ:エゴマラー油]
丹精込めて育てたエゴマを純正圧搾製法で搾り、なたね油・ごま油・とうがらし・にんにく・しょうがをブレンドして香り高いラー油を作りました。やみつきになる人続出!小ぶりなサイズが可愛らしい商品です。
【エゴマ栽培:石井農園】
浪江町で酪農を営んでいた私たちは避難先の福島市で2015年に石井農園をスタートさせました。福島市で出会った仲間や、ふるさとの仲間と共に毎日元気に汗を流しています。

[小高工房:小高一味 辛油(辛辛/更更)]
辛さの決め手となる唐辛子は、南相馬市産鷹の爪を100%使用。また、ベースとなる油も、貴重な南相馬市産なたね油(コールドプレス)を原料としています。加熱時間を極限まで抑え、唐辛子となたね油双方の風味と香り、辛さを引き立たせる独自製法を採用しています。香り豊かな「辛油 更更(さらさら)」と、辛さ2倍の「辛油 辛辛(からから)」の2種類をご用意。無添加・無着色の「かけるオイル」です。

[生搾りエゴマ油]
福島県産を主として栽培期間中農薬不使用栽培し、全て手作業で作った国産のエゴマを、熱を加えず圧搾したものです。

[里山の黒真珠 なつはぜじゃむ(レギュラー、低糖、低糖粒タイプ)]
ベリー類の中で、ポリフェノールの一種であるアントシアニンを最も多く含む「ナツハゼ」と希少糖含有シロップを使った健康志向の手作りジャム。大切なポリフェノールを減らさないように裏ごししてありませんので果皮が残っています。糖度46~47度のレギュラーと糖度36~38度の低糖、粒感を残した低糖粒の3種類。

[里山の黒真珠 なつはぜ香茶]
ナツハゼの栄養、色、味、香り、酸味を損なわないように低温除湿乾燥させて粉砕し、手軽の飲めるようにティバッグにしました。熱湯を注ぐだけで、まるごとナツハゼを味わうことができます。

[浜鶏ラーメン]
福島県の太平洋側、浜通りのほぼ中央に位置する富岡町で営業しているラーメン店「浜鶏」は、男女問わず大人から子供まで大人気。
鶏の旨味をギュッと凝縮したスープは、あっさりしていてコクがあると大好評です。
そのお店の味を極限まで再現したこのラーメンは、袋入りラーメンの域を超えたうまさです。
この袋入りラーメンは、収益の一部を浜通り地区の復興に対して寄付させていただきます。

赤べこ